リウマチ膠原病科



診療内容

 膠原病には関節リウマチ(RA)、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性・皮膚筋炎、血管炎症候群などがあります。また、膠原病類縁疾患として、ベーチェット病、成人Still病など多数の疾患があります。
 膠原病は、同じ病名でも患者さんにより症状、障害の種類や程度は多彩です。また結合組織のみならず様々な内蔵に症状が及ぶことがあります。私達は患者さん個別の症状、臓器にとらわれず、全身をみながら最も適切と考えられる治療を行って参ります。また、整形外科、リハビリテーション部とも協力して、薬物療法、手術、リハビリテーション、生活のサポートを一貫して行っています。
 一般に膠原病は慢性的であり、長期間の治療が必要です。また、発症後早期に正しく診断して、適切な治療を行うことが大切です。関節炎、原因不明の発熱など膠原病が疑われる方がおられましたら、是非ともご受診、ご紹介下さい。


主な診療疾患

疾患名
関節リウマチ リウマチ性
多発筋痛症
全身性
エリテマトーデス
血管炎症候群 多発性・皮膚筋炎
強皮症 混合性結合組織病 シェーグレン症候群 ベーチェット病 成人ステイル病