腎臓高血圧内科



お知らせ

  • 2020年3月7日(土) 第1回東京共済病院腎臓病教室を開催いたします。
  • 2016年4月より当科の名称が、「腎臓高血圧内科」に変わりました。
  • 2016年4月より萬田医師が着任しました。

ここをクリックしてください

診療内容

 腎臓病は早期では症状がない場合が多く、発見された際には腎不全に至っている場合があります。また、腎臓病の原因には、最初に病気が起こる疾患(一次性)と糖尿病や高血圧のような全身の病気が腎臓に及んでくる疾患(二次性)があります。そのため、早期発見と診断後のフォローが重要になります。
 当腎臓内科では、腎炎、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群、高血圧および急性・慢性腎不全など内科的腎疾患のすべての領域を扱っており、科学的根拠(Evidence)に基づいた的確な診断と治療を行います。腎臓病だけでなく他の疾患も合併されている場合には、その担当科と連携しています。
 慢性腎不全の患者様に対してはできるだけライフスタイルに合わせ血液透析や腹膜透析を行います。血液浄化センターでは月から土まで血液透析を行い、近隣の透析センターと協力して好成績をあげています。また、腎不全以外の各種疾患に対する血漿交換療法や吸着療法も行っています。
 疾患を治療するだけでなく患者様の側に立ったより良い医療を目指しています。もし検尿異常など腎臓病が疑われる場合にはご相談下さい。


末期腎不全と血液透析

【末期腎不全と腎代替療法】
  • 末期腎不全と尿毒症症状

 腎機能が健康な人の1割以下にまで低下した状態になると(=末期腎不全)、不要な水分や毒素を体の外へ出すことが出来なくなり、それらが体に蓄積していきます。また、酸アルカリや電解質バランスの調整も十分に出来なくなります。その結果、手足のむくみ、疲れやすさ、だるさといった自覚症状が見られるようになり、肺水腫(肺のむくみ)や心不全による呼吸困難、消化器症状(食欲低下、吐き気・嘔吐)、貧血、高カリウム血症による致命的な不整脈などを発症し、放置すると命に関わる状態になります。それを避けて命を繋いでいくための治療が、腎代替療法です。


  • 腎代替療法とは

 腎代替療法には、腎移植と透析があります。腎移植については、ドナー(臓器提供者)が必要であり、その他にも様々な条件を満たす必要があります。当院では腎移植をしておりませんので、腎移植を希望される患者さんにつきましては専門施設へご紹介しております。
 透析には血液透析と腹膜透析の2種類がありますが、現在の日本では97%の透析患者さんが、血液透析を受けています。当院では血液透析、腹膜透析いずれの治療も実施しております。


  • 透析に関する疑問~透析はずっとやらないといけないの?~

 透析は、機能しなくなった腎臓の肩代わりをする治療であり、腎臓の機能を回復させる治療ではありません。ですので、透析に至った原因や経過によって、ずっと続ける必要があるかが変わってきます。
 急性腎不全(腎機能が急激に悪化した状態)で透析を始める場合、緊急に透析を開始することが多いですが、腎機能が悪化した原因が解決すれば、腎機能が徐々に回復し透析を受けなくても良くなる場合もあります(腎機能が回復せず、ずっと透析を続ける方もいらっしゃいます)。
 慢性腎不全(数年~数十年かけて徐々に腎機能が悪化した状態)が進行して末期腎不全に至った場合は腎機能の回復は見込めないため、腎移植を受ける場合以外は、生きていくためにずっと透析を続けていく必要があります。


【血液透析とは】
1分間あたり150~200mlの血液を体から引き出し、ダイアライザー(透析器)を通すことで血液中の余分な水分や毒素を抜き、きれいになった血液を体の中に戻します。標準的にはそれを1回の治療あたり4時間続けます。治療は通常月水金または火木土の週3回行います。


  • 血液はどこから取り出すの?

 体の表面の静脈(採血などで刺される血管)をそのまま刺しただけでは、透析に必要なたくさんの血液を取り出すことはできません。手術で動脈と静脈を繋ぐことによって、動脈のようにたくさんの血液が流れている特別な静脈(=シャント)を作ることができ、そのシャントに針を刺し血液の出し入れをして透析を行います。慢性腎不全の患者さんの場合、外来で腎機能の経過をみつつ透析が必要になる時期を予想して、事前にシャントを作成し、スムーズに透析が開始できるように準備をします。


  • 血液透析はどうやって始めるの?

 血液透析を開始(=導入)する際には、原則2週間ほど入院して頂き、当院の透析室で治療を行います。透析開始後まもない時期は、体に溜まった余分な毒素が急激に抜けるため、不均衡症状と呼ばれる症状(頭痛、吐き気、嘔吐、痙攣など)が見られることがあるからです。また、余分な水分が大量に溜まっている方の場合は、1回の透析で体から抜くことのできる量には限界があるため、何回かに分けて少しずつ取り除いていく必要があります。透析関連のトラブルがなく、体調が整い安定して透析を受けられるようになったら退院となります。退院後は当院を含め透析設備がある専門の病院またはクリニックに通院して頂きますが、通院先については担当医と適宜ご相談下さい。



主な診療疾患

疾患名
慢性腎炎 ネフローゼ症候群 急性腎障害 多発性嚢胞腎など遺伝性腎疾患 慢性腎臓病
糖尿病や膠原病など全身性疾患に伴った腎臓病 尿細管間質性腎炎 水・電解質異常 透析に関連した疾患 高血圧
急性腎障害 血液透析  


慢性腎臓病


腎臓病の経過と治療


 当院では、腎臓病の始まりの段階である検尿異常から透析まで、一貫した治療を行っています。
 腎臓病の進行には様々な段階があります。多くの場合は、健康診断などで発見される蛋白尿や血尿といった検尿異常から始まります。そのような検尿異常を起こす慢性腎炎やネフローゼ症候群には、様々な種類があります。腎生検で得られた組織を顕微鏡で観察することで、診断し治療法を決定します。
 その腎炎の治療で、疾患が治癒ないし停止しなければ、慢性腎不全に進行します。慢性腎不全は、老廃物を排泄する糸球体の機能が低下した状態です。当院では、透析をできるだけ回避できるよう治療を行っています。この状態では、降圧薬などの内服薬での治療のほか、食事療法を行います。当院では、栄養士による指導を行っており、食事内容をモニタリングすることで、指導内容が実生活に反映されるようにしています。
 慢性腎不全がさらに進行した場合には、透析の準備が必要になります。血液透析ではシャントという血管の手術を、腹膜透析ではカテーテルという透析用の管を埋め込む手術を行います。
 透析をスタートした後は、血液透析および腹膜透析ともに当院で治療をしています。また、お近くのクリニックを紹介する場合もあります。透析患者さんに、肺炎などの合併症が発症した場合の治療も行っています。


IgA腎症

 慢性的に腎臓内の糸球体(腎臓内の血液濾過装置で、尿のもとを生成します)に炎症が起こり、蛋白尿や血尿を呈する病態を慢性糸球体腎炎と呼び、その最も多い原因がIgA(アイジーエー)腎症という病気です。
 以前IgA腎症は腎臓の予後が良い疾患だと考えられていましたが、我が国とフランスから発表された研究報告で、診断確定から20年間で約40%の方が末期腎不全に陥っていたことが分かりました。
 IgA腎症は小児から高齢者まで発症する可能性のある疾患であり、適切な治療を行うことが非常に重要です。


  • どんなときに疑う?
    • 健診で尿蛋白や尿潜血陽性を指摘されたとき
    • 上気道感染(急性扁桃炎)を発症した後に肉眼的血尿を認めたとき などです。

 我が国においては約70%の方が健康診断などの機会に偶然蛋白尿や血尿を指摘されたことを契機に診断されています。他には上気道感染後の肉眼的血尿や腎機能障害、浮腫などが診断の契機となっています。
 IgA腎症の多くははっきりとした自覚症状はなく、自覚症状が出た頃には進行してしまっている可能性があります。そのため定期的に健康診断を受けることが非常に重要です。


  • どうやって診断するの?

 尿蛋白や尿潜血が陽性であることや病状の経過である程度病気の推定はできますが、診断確定と治療方針の決定には腎生検という、腎臓の組織を顕微鏡で調べる検査が必要となります。腎生検には超音波ガイド下腎生検と開放腎生検があり、当院では前者の方法で行っております。腎臓は血流の豊富な臓器なので、検査後の出血のリスクがあるため入院して検査を受けて頂きます。入院期間は施設により異なりますが、当院では4〜5日間の検査入院をして頂いております。


« 腎生検イメージ »
腎生検イメージ


  • 治療方法は?

 「IgA腎症診療指針〜第3版」や「エビデンスに基づくIgA腎症診療ガイドライン2014」に基づいて、個々の患者さんの病状に応じたきめ細かな治療を心がけています。
 治療の柱は、生活指導と食事療法、そして薬物療法(ステロイド薬や免疫抑制薬も含まれます)となります。
 さらに口蓋扁桃摘出術とステロイドパルス療法を組み合わせた治療(扁摘パルス療法)も行っています。これは我が国から報告された比較的新しい治療法で、我が国のガイドラインでは治療選択肢として検討しても良いとされております。
 当施設においても積極的に行っておりますが、口蓋扁桃摘出術は全身麻酔下で行うこと、術後の疼痛や出血などの合併症があることなどから、全例を対象とするのではなく、十分な検討を行った上で有益性が大きいと判断した症例に対して施行しております。扁桃摘出術後にステロイドパルス療法(ステロイド薬の点滴治療で入院して行います)と経口ステロイド治療(外来治療)を行います。治療期間は約半年から一年間となります。


★ 口蓋扁桃摘出術+ステロイドパルス療法のイメージ ★
口蓋扁桃摘出術+ステロイドパルス療法のイメージ


診療の実績・治療実績

  2012 2013 2014
外来血液透析 70 71 65
外来腹膜透析 22 17 15

血液透析

 月水金曜日および火木土曜日ともに、午前・午後の2部体制でおこなっています。


腹膜透析

 月水金曜日の午後に腹膜透析外来を開いております。


その他

施設認定

 日本腎臓学会研修施設、日本透析医学会教育関連施設