新人看護師

■入職1年目看護師


入職1年目看護師

Q1 当院に入職した理由を教えてください。
 私が当院に入職した理由は、病院説明会の時の看護部長の話に深く感動したからです。入院していても、その人らしさを大切にする「患者中心の看護」、病気と共に生活する人々を支える「地域と連携した看護」、学生の頃に自分の行いたい看護を考えたときにこの二つがありました。看護部長の話を聞いたとき、私が行いたい看護が当院にあり、この看護部長の元で患者さんに関わっていきたいと直感が働きました。

Q2 どんな研修があるの?研修はどんな雰囲気ですか?
 当院に入職してから、多種多様な研修に参加しています。例えばBLS(一次救命処置)、輸血やCVの研修もあれば、基本的な看護技術(点滴ルート確保や採血等)があったり、ロールプレイにより患者さんとの関わり方をみんなで話し合ったりする研修があり、多くの学びや発見を得ることができます。話し合う場面では、いろいろな部署の同期と話し合い、和気あいあいとした雰囲気です。様々な部署のメンバー、指導者さんがいるので、自分では気づけない発見や意見が飛び交っており、楽しさと学びがあります。
Q3 どんな時にやりがいを感じますか?
 私がやりがいを感じるときは、以前出来なかったことができるようになったということに気付いた時です。初めの頃、点滴のミキシングができるようになったことがとても嬉しくて、よく頬を緩めていました。できなくて悔しい思いをした分だけ、やりがいを感じることができると思います。また、何よりもやりがいを感じるのは、患者さんから「ありがとう」の言葉や笑顔を見せて頂いたときです。患者さんの治療を支えることはもちろん大切な看護ですが、入院という限られた環境の中で、患者さんの喜びや幸せ、心地よさを引き出すことも大切な看護だと私は思います。

Q4 当院の雰囲気はどうですか?
 私は現在、南8階病棟に在籍しています。この病棟では、スタッフ一人一人が患者さんに向き合い、どのような看護が必要か日々みんなで意見を出し合い、協力して話し合っています。先輩も医師も優しく個性的で、緊張感だけでなく、クスリと笑ってしまう場面もあります。分からないことも質問しやすく、さらに様々なことを経験する機会も多くあるので、学びがあふれています。病棟を超えて、薬剤科や栄養科、地域連携室との関わりも多くあり、病院全体で患者さんをサポートしている雰囲気があります。
Q5 看護学生に向けて一言!
 様々な迷いや不安も多くあると思います。悔しいこと、投げ出したくなることもあると思います。でも、それがあるからこそ、より良い選択ややりがいを得ることができるのだと思います。頑張りすぎずに、一つ一つ乗り越えていきましょう!


■入職4年目看護師


入職年目看護師

Q1 手術室に入職した理由を教えてください。
手術室は患者さんの人生の一大イベントとなりうる手術を行う場所です。これまでの生活が一変してしまう可能性もある中で、患者さんの気持ちに寄り添っていきたいと思ったからです。

Q2 職場の雰囲気はどうですか?
先輩・後輩関係なく声をかけ合って仕事が行える雰囲気です。わからないことを確認して安全に手術が進行することができます。福利厚生の一環として毎年、旅行・観劇などに参加できるのですが、今年は同僚と劇団四季「ライオンキング」を観に行き、感激しました。仕事もプライベートも充実することができています!

Q3 どんな時にやりがいを感じますか?
手術準備を行って、スムーズに手術が進んだときはもちろんですが、患者さんが手術前と変わらない生活を送れていることは自分のやりがいになります。

Q4 どんな研修に参加しましたか?
看護実践トレーニングコースⅠに参加しました。看護師とは、患者にとってどのような役割なのか、ということをグループワークや先輩と話をする中で深めていくことができました。私が看護師としてどうなりたいのか、ということを見つけられるきっかけになりました。

Q5 看護学生に向けて一言!
実習や学習で大変だとは思いますが、看護師になって働くのはとても楽しいです。頑張って試験を乗り越えてください。


資料請求
数字で見る看護部
病院見学会
インターンシップ

口コミで知る看護部
マイナビ看護師