リハビリテーション科

リハビリテーション科の理念

  • 地域の皆様に急性期からのリハビリテーションを患者さん、ご家族のニーズに応じて高いレベルで提供します。
  • 早期から社会復帰、家庭復帰のための身の回りの動作や日常生活の動作を獲得するためのリハを実施します。
  • 診療は系統化された評価、訓練を施行し、地域の皆様のニーズに沿った質の高い安全かつ積極的なリハビリテーションサービスを行います。
  • 患者様の人権・プライバシーを尊重し、患者様本位のサービスに努めます。

リハビリテーション科の特色

 急性期から回復期、維持期までのリハビリテーションを行っています。対象疾患は整形外科、神経内科、脳外科をはじめ全科から依頼されリハビリテーションを行っています。
 地域包括ケア病棟では365日リハ対応しています。院内ICT、NST、褥瘡チーム、各科カンファレンスに参加し、他科との連携を密に行っています。


リハビリテーション科スタッフ

医師:1名、理学療法士:11名、作業療法士:5名、(脳外科所属 言語聴覚士:2名)


特に多い対象疾患

特発性正常圧水頭症、大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折、脳梗塞、くも膜下出血、呼吸器疾患


理学療法士、作業療法士

理学療法士、作業療法士

言語聴覚士

言語聴覚士