皮膚科



お知らせ

 皮膚は外界からの刺激のみではなく、内臓疾患、膠原病などの全身性疾患を反映し様々な病変を生じます。皮膚科ではこのような多岐にわたる皮膚病変を正確に判断し、適切な治療を行うようにしております。膠原病、他疾患の合併や薬剤による皮膚症状等の場合は院内他科と連携した診察をしており、皮膚の良性腫瘍や早期の悪性腫瘍に関しては、形成外科と連携し外科手術を施行しております。また、近隣大学及び専門医療機関との連携も図り、より適切に対応しております。皮膚に何か問題が有る場合は、是非お気軽にご相談ください。


主な診療疾患

  • 湿疹・皮膚炎(アトピー性皮膚炎、かぶれ等)・蕁麻疹等
    アレルギー検査等も施行(血液検査)
  • 尋常性ざ瘡(にきび)
  • 円形脱毛症、男性型脱毛症
  • 細菌感染症(とびひ、おでき、蜂窩織炎等)
  • 真菌感染症(水虫、爪水虫、たむし、皮膚カンジダ症等)
  • ウイルス感染症(いぼ、みずいぼ、ヘルペス、帯状疱疹等)
  • 乾癬等
  • 皮膚良性腫瘍(粉瘤、ほくろ、脂肪腫等)
  • 薬疹等

診療の実績・治療実績

  • 軟膏療法、内服薬の治療
    アトピー性皮膚炎、にきび、乾癬に対しては皮膚症状にあわせ適切な治療
    爪白癬には外用療法の他に抗真菌薬のパルス療法(1週間内服を月1回)と従来の連日内服療法
    男性型脱毛症に対しての内服薬治療
  • 皮膚良性腫瘍の外科的治療