病院の理念・患者さんの権利

病院の理念

私たちは
 患者さん一人ひとりに安全で質の高い医療を提供し、地域の皆さんから信頼される病院を目指します。


基本方針

  1. 医療水準の向上に努め、質の高いチーム医療を提供します。
  2. 医療安全対策に職員全体が取り組みます。
  3. 急性期から在宅まで地域の医療機関と連携して継続的医療を提供します。
  4. 患者さんの尊厳とプライバシーを尊重します。
  5. 職員が自信を持って働ける職場環境を築きます。

患者さんの権利

<知る権利を尊重いたします>

 すべての患者さんが、ご自身の病気について、本院の受持医から「病気の病態・症状」「その治療方針」「その予後(見通し)」「検査の進め方と結果」等について、納得のいく説明を受けることができます。

 また、「検査」「手術」「投薬」等について、その必要性や危険性の説明を受けることができます。


<自己決定権を尊重いたします>

 すべての患者さんが、本院の受持医等から、病気に関する説明を受けた上で、ご自身の責任に基づいて、私たちが提示しました医療行為(手術、検査、投薬等)に対して、同意、選択または拒否することができます。ご自身で決定ができない時には、患者さんの申し出に添って、ご家族またはそれに準ずる人と相談させていただくこともできます。

 すべての患者さんが、治療を受ける医療機関を自由に選択することができます。

 すべての患者さんに、病気や、治療方針等について、他院の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求める権利があります。他の医療機関への転院を希望される時にはお申し出ください。私たちは、資料等の提供にご協力いたします。


<プライバシーを尊重いたします>

 すべての患者さんの個人情報や医療情報を保護いたします。

 以上の通り、本院の医療従事者は「患者さんのプライバシーと知る権利及び自己決定権」を尊重し、病気の治療に努めます。



 すべての患者さんが、本院の医療従事者と共に手を携え、病気を治すことに積極的に参加する責務を有します。納得がいかないことや理解できないことがありましたら、遠慮なくお申し出ください。