院長挨拶

地域に根ざした、信頼できるハイレベルの医療を実践します。


東京共済病院 院長 久保田 俊郎

 東京共済病院の病院長を拝命しております久保田です。昨年就任後今日まで大過なく経過しておりますが、これも皆様のご支援・ご鞭撻のお蔭であり、心より感謝申し上げます。

 東京共済病院は、1930年この中目黒の地に「東京海軍共済総合病院」として誕生し、戦後は各地の旧海軍共済組合病院8病院とともに、国家公務員共済組合連合会に所属する一般病院として生まれ変わりました。都心にありながら緑豊かな中目黒公園と桜並木が続く目黒川に隣接し、四季を感じられる素晴らしい環境にあります。この恵まれた環境の中にあって、急性期医療を中心に幅広い医療ニーズに対応できる診療科・医療設備を整え、優れた医療スタッフにより、疾病の診断・治療・予防・リハビリテーションを行っております。さらに、地域での医療の責任を果たすために目黒区医師会など近隣の先生がたとの連携を強化し、併設の健康医学センター・老健施設とともに、一般病棟・地域包括病棟・療養病棟・地域連携センターが一体となった地域密着型病院としてよりよい医療をめざしており、既に地域医療支援病院並び日本医療機能評価機構の承認を受けております。昨年には、新たに救急科、精神科心療内科、血液内科を立ち上げ、消化器科、神経内科、婦人科では新しい診療科長を迎え、消化器科、麻酔科、泌尿器科で新進気鋭の医師を増員しました。さらに当院は、乳がん・大腸がんの東京都癌診療連携協力病院として認可され、新規MRI装置も導入し、さらなるレベルアップが図られました。

 当院のめざす目標の第一は、医療レベルをさらに充実させ、質の高い医療を提供すること、第二は、患者さんに信頼され親しまれる病院であり続けることです。その具体的な取り組みとしては、1)患者さんへの心配りの徹底、2)院内各診療科の連携のさらなる強化、3)中高年齢層への予防医療の実践、4)救急患者の積極的な受け入れ、5)医療データを活用した管理体制の強化、などが挙げられます。これらの実現のためには、病院スタッフの意識の向上と相互の理解・連携が必要であり、一方、他の方々に対するリスペクト(尊敬の念)と、ぬくもりのある気くばりのきいた気持ちも大切です。当病院のスタッフ一同心を一つにして、「明るく心癒される東京共済病院」をモットーに本年も着実に歩んで参ります。

 信頼できる医療を求める皆様のご来院を、こころよりお待ちしております。


平成29年3月
東京共済病院 院長 久保田 俊郎