病院情報(指標)

平成27年度 国家公務員共済組合連合会 東京共済病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 54 197 238 345 458 851 1248 1222 449
 地域医療支援病院でもある当院は地域密着型病院としてよりよい医療を目指しており、一般病棟・地域包括病棟・療養病棟・健康医学センター・老健施設を併設しています。
 先ず、「目黒区年齢別人口統計」では人口比率は20歳以下14%、20~60歳62%、60歳以上24%で、比較的若い世代の多い地域と考えられますが、上記の表のとおり当院の退院患者を年齢階級別に見ると60歳以上で総退院数の75%を占めており、厚生労働省の発表している年齢階級別受診率と同じ結果となる事がわかります。これは重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向であると考えられます。
なお、当院では小児科を標榜していない為に9歳までの退院患者は0件となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患手術なし 手術・処置等2なし 19 20.1 18.2 0.00 61.5  
070470xx99x0xx 関節リウマチ手術なし 手術・処置等2なし 11 150.5 14.9 36.36 76.8  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし - - - - -  
リウマチ科では関節リウマチをはじめとする、種々の膠原病を治療を行っています。
平均年齢は60~70代です。膠原病のみではなく、肺炎等の一般的な疾患の治療も行っています。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 56 62.3 28.7 8.93 83.7  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 21 50.1 21.5 4.76 78.0  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 16 55.8 27.2 6.25 79.6  
整形外科では高齢化社会による骨粗鬆症をベースとした疾患が多く、1番目が大腿骨頚部骨折、2番目が胸椎・腰椎圧迫骨折となっています。大腿骨頚部骨折は早期手術・早期離床をめざし、胸椎・腰椎圧迫骨折は基本的には保存治療で装具作成し、やはり早期離床を目指しリハビリを行っています。3番目も高齢者による変形性関節症が占め、人工関節置換術を行なっております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx その他の新生物手術あり - - - - -  
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - - - -  
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症その他の手術あり 手術・処置等2なし - - - - -  
平成27年10月より形成外科が常勤となり、入院数が徐々に増加してきています。
当院形成外科を受診される方の中では乳房再建および皮膚・皮下腫瘍が多く、最も多い入院は乳房再建ですが、DPC外となっておりこの表には含まれていません。
次いで多い疾患としては、皮膚・皮下・軟部腫瘍の摘出および再建で、皮膚科と連携して加療にあたっています。
小さいものは外来手術で摘出しますが、大きなものについては全身麻酔や入院局所麻酔下に手術を行っています。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010200xx99x0xx 水頭症手術なし 手術・処置等2なし 142 5.3 8.2 0.70 78.8  
010200xx01x00x 水頭症水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 17.1 21.7 1.43 77.0  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 43 2.0 3.0 0.00 59.2  
水頭症のうち、特発性正常圧水頭症(iNPH)は、高齢者の増加とともに増え、手術効果を前もって判定するための検査が必要となります。
腰椎穿刺で髄液を30mLほど抜き、症状改善の有無を確認する検査(tap test)が重要で、そのための入院患者数を示します。
通常数日以内に退院します。
上記により、手術適応となった症例について、髄液腹腔短絡術を実施しています。
当院では殆どの症例に、脳の穿刺の不要な腰椎腹腔シャント術を実施し良好な手術成績を得ています。
手術件数は全国トップクラスで、多くは2週間程度の入院期間で退院します。
脳ドック等の普及により、未破裂脳動脈瘤が見つかるようになり、破裂の危険の高そうな症例については、脳血管撮影を実施し、その詳細を調べます。
検査は1泊2日と短くなっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-8あり 25 14.9 11.6 0.00 71.2  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍手術あり 手術・処置等2なし 24 17.9 13.0 0.00 68.4  
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 2.0 3.3 0.00 69.3  
当院では肺がんの診療に重点を置いており、手術を中心に化学療法・放射線治療を併用した総合的な治療を実践しています。手術は早期肺がんから進行肺がんまでひろく対応しており、呼吸器内科と協力して、できるだけ手術対応をするように心がけています。また、自然気胸・膿胸・肺真菌症・非結核性抗酸菌症に対する手術をはじめ、縦隔腫瘍・胸部外傷など専門領域の広いことも特徴です。肺がんの治療成績では、stageⅠの5年生存率は90%を超え、また手術適応の限界であるstageⅢaでも60%を超えており、比較的良好な結果です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx1 緑内障手術あり 両眼 - - - - -  
     
     
眼科の入院はほぼすべてが白内障手術のため、基礎疾患の有無などにより1泊から3泊の入院としています。
平成27年度には約170件の白内障手術を実施しておりますが、DPC外(短期滞在手術等基本料3に包括)での請求となるために上記には反映されていません。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 58 10.2 9.6 8.98 55.0  
030400xx99xxxx 前庭機能障害手術なし 46 7.6 5.3 4.76 68.7  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎手術なし 45 6.7 5.5 6.25 37.2  
当院は、耳鼻咽喉科疾患一般の診察から、入院を必要とするような急性期疾患、救急患者様の受け入れを積極的に行っています。
入院となる疾患で特に多いのは、突発性難聴、めまい、喉頭浮腫や急性扁桃炎などの疾患です。
豊富な臨床経験を持つ耳鼻咽喉科医師2名が常勤しています。
都内、近県からも多くの患者様のご紹介を頂いておりますので、地域病院としての役割を果たすために高いレベルの医療を提供できるよう努力いたしています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 18.7 15.8 5.26 73.4  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作手術・処置等2なし 12 8.9 6.3 0.00 70.4  
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし - - - - -  
神経内科は、脳、脊髄、筋など多彩な疾患を対象に、急性期、慢性期によらず積極的に治療を行っています。
急性期疾患の代表である脳血管疾患は、最近の診断技術や治療技術の進歩により、救命できるものや後遺障害を軽くできるものが増えています。当科では、急性期の血栓溶解療法や、脳外科と連携した血管内血栓回収療法など様々な治療体制を整えており、急性期から病態に即した適切な治療を行うことで、患者さんの生命予後や機能予後の改善のみならず、入院期間の短縮や早期の自宅復帰に努めています。一方、慢性期疾患としては、パーキンソン病やアルツハイマー型認知症などの神経変性疾患がありますが、経過が長期に及ぶことから、病期に応じた疾患自体の治療はもちろんのこと、時として起こり得る誤嚥性肺炎などの様々な身体合併症についても適切に治療を行い、症状経過の改善や介護者負担の軽減に努めています。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 17 9.8 9.0 0.00 66.1  
080011xx99xxxx 急性膿皮症手術なし - - - - -  
080100xxxxxxxx 薬疹、中毒疹 - - - - -  
1番目に多い帯状疱疹は体の片側に痛みを伴う小水疱が出現する疾患です。また部位によっては顔面神経麻痺、便秘、排尿障害といった合併症を起こす可能性があるため、皮疹が出現した早期に抗ウイルス剤による治療を行うと、合併症や疱疹後神経痛といった後遺症が持続しない可能性が高くなります。局所のみならず、全身に発疹が多発する汎発型帯状疱疹、頭頸部の帯状疱疹は入院加療を行っております。2番目の急性膿皮症は細菌感染症である丹毒や蜂窩織炎です。外来治療で改善がない場合、抗生剤の点滴加療が望ましい場合には入院加療を行っております。3番目の薬疹、中毒疹は薬剤またはウイルス感染に伴う全身に出現する発疹です。ウイルス感染症は発熱、食欲不振を伴う場合や隔離治療が必要な場合に入院加療を行っております。重症の薬疹に対しては、ステロイド剤による全身投与を行い、糖尿病がある場合や原因薬剤によっては他科と連携して入院中に薬剤の調節をさせて頂いております。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 35 8.6 7.6 0.00 71.7  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等経尿道的前立腺手術 18 12.5 10.3 0.00 71.4  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 10 4.6 5.9 0.00 59.9  
泌尿器科では膀胱癌に対する内視鏡的経尿道的手術を行い腫瘍を切除することにより病理診断を確認しその後の治療方針を決めます。表在性膀胱癌の場合は当手術で切除、治癒可能ですが、筋層浸潤癌の場合は他の治療が必要となります。他の泌尿器系癌と比較して手術数が多い理由の1つとして再発しやすい点が挙げられ、再発予防にも力を入れております。
前立腺肥大症による排尿障害に対して経尿道的前立腺切除術を行い、それまで服用していた薬を必要としなくなり、またQOLを向上させることができます。
食餌の欧米化、高齢化に伴い尿路結石症患者が増えており、体外衝撃波治療では治療不可能な症例に対し経尿道的に細い硬性鏡もしくは軟性鏡を尿管、腎盂に挿入しレーザーを用い砕石除去します。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 118 29.6 21.7 5.08 87.9  
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 78 13.7 14.3 2.56 74.7  
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 29 14.9 13.4 0.00 65.9  
呼吸器科では、肺炎の入院患者が多くなっております。地域の訪問診療医を含む開業医や施設よりの紹介が多く、医療介護関連肺炎の割合が多くなっています。
そのため患者の平均年齢が非常に高く、肺炎治癒後も栄養経路の検討が必要になってくる場合も多いので平均在院日数が長期化する傾向にあります。
肺癌では、化学療法目的の入院が多くなっていますが、ほぼ同程度の気管支鏡検査を目的とした入院もあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 30.1 18.3 10.77 83.4  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 3.5 3.1 1.72 69.9  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 51 12.0 4.9 0.00 72.3  
当院は、地域医療を重視していることもあり、高齢者が多く、心不全コントロールのための入院が最も多くなっています。内服調整、食事、水分制限指導、歩行リハビリなどを行っているため、平均在院日数が1か月程度になっています。心不全の原因が高度弁膜症である場合、心臓血管外科に転院、弁置換を行う場合もあります。他に狭心症、心筋梗塞による入院が多く、心臓カテーテル検査だけの場合は2泊3日の入院となります。1人だけ、心臓バイパス手術が必要な状態であったため、心臓血管外科に転院となっています。最下段は心臓カテーテル検査で、バルーンやステント留置などの治療が必要であった症例ですが、狭心症の場合3泊4日の入院が通常で、心筋梗塞で入院した場合、その障害の程度によってリハビリテーションなどで入院日数が伸びます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 28.1 13.6 2.63 75.5  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし 22 42.3 12.6 9.09 83.9  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 33.1 9.7 7.69 73.4  
慢性腎炎症候群、慢性間質性腎炎、慢性腎不全の入院が最も多くなっております。
次いで、尿路感染症が多い疾患でした。また、シャント造設術も多い入院原因でした。尿路感染症による入院は、他の疾患による入院と比較して、平均在院日数は42.3日と他の入院原因疾患と比べて長く、転院率9.09%と高く、そして平均年齢83.9と高齢です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 14.5 10.9 0.00 81.8  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎手術・処置等2なし 46 7.2 5.5 0.00 53.9  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患手術なし 29 7.3 7.9 0.00 59.4  
消化器内科では、総胆管結石が胆管に詰まって起こる胆管炎が最も多くなっています。この傾向は全国的なものですが、当院は平均年齢が高いことが特徴です。胆管に「ステント」と呼ばれる細い管を内視鏡を使って入れることで、胆管の詰まりをとり、可能な限りはその後で炎症が落ち着いてから結石を取り除く治療をします。高齢の患者さんでも安全に治療を行うことに意を注いでおり、なるべく入院期間を短くすることで日常生活能力の低下を防いでいます。また、近隣のクリニックからご紹介いただいて入院する患者さんが非常に多いため、胃腸炎や大腸憩室炎の入院が多いのも特色になっています。一方で、各臓器の消化器がん、潰瘍などからの消化管出血、B型・C型をはじめとする慢性肝炎など、消化器全般にわたる幅広い病気の患者さんが入院しています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 42 8.0 7.8 0.0 58.1  
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-4あり 32 3.2 4.3 0.0 71.0  
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 32 5.8 4.5 0.0 60.8  
消化器一般外科の疾患別入院数上位3疾患ですが、厚労省指定の統計手法が、患者数ではなく包括診療入院数であるため、やや解釈に注意を要します。当院は消化管の癌治療と、急性期炎症疾患治療を診療の中心としております。上位1位の胆嚢疾患手術、虫垂炎手術、腸閉塞手術、消化管穿孔手術などが急性期炎症性疾患として分類されます。また、乳癌とともに大腸癌においても東京都癌診療連携病院となっており、胃癌のみならず大腸癌手術も多く行っています。さらに手術治療のみならず、術後の補助化学療法あるいは再発や切除不能時の抗癌剤治療も、ガイドラインに則り、積極的に行っております。上位2,3位はこの抗癌剤治療関連の短期入院数が占めている訳です。一人が年間10回の短期入院抗癌剤治療を行うと10入院としてカウントされるため入院数統計では上位に入り、実際の大腸癌年間手術症例数が90例であっても、結腸・直腸・さらに術式別に分類されて29+18+15+15+13例のように細分化された入院数となるため、入院数のカウント上位には入ってきておりません。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 43 5.2 6.8 0.00 52.7  
090010xx03x3xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-3あり 31 7.7 10.0 0.00 55.3  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 27 10.9 10.4 0.00 59.5  
当科では乳癌の手術メインであり、可及的に短期間で手術治療を終了すべき努力をしています。
専門医が3人常勤しており、手術・薬物療法はガイドラインに沿い、クリニカルパスを使用しています。
カルテ記載においてはがん登録を意識し、ケースファインディングやデータ収集がしやすいように工夫しており、意欲的に学会参加もしています。
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 52 16.8 15.3 0.00 69.4  
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) - - - - -  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし - - - - -  
内分泌代謝科では、糖尿病・脂質異常症等の生活習慣病と視床下部・下垂体・甲状腺・副腎から分泌されるホルモン異常をきたす内分泌疾患の診療を行っています。糖尿病診療においては、糖尿病専門医・糖尿病看護認定看護師・糖尿病療養指導士資格を有する看護師・管理栄養士・薬剤師・理学療法士などが連携しチーム医療を行っています。当科の入院症例で最も多いのは、2型糖尿病患者に関わる入院です。糖尿病緊急合併症入院や低血糖症、種々の手術の周術期入院、糖尿病教育入院です。特に、糖尿病教育入院では、地域性から高齢者糖尿病患者の入院が多く、上記の専門スタッフが中心となり病態に応じたテーラーメイド治療を提供すると共に、家族への糖尿病指導も行っています。内分泌疾患については、内分泌検査(各種内分泌負荷検査)・画像検査に基づいた専門的な診療を行っています。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 - 16 - - - 1 7
大腸癌 11 30 75 - 19 14 1 7
乳癌 96 54 - - 22 26 1 7
肺癌 21 11 41 53 45 43 1 7
肝癌 - - - - - 14 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
消化器一般外科では5大癌のうち。胃癌・大腸癌・肝癌を担当します。いずれの領域においても消化器内科と連携しつつ、多領域多職種での検討のうえで治療方針を決定しています。当科の特徴は常勤スタッフ全員が、内視鏡診断・治療から腹腔鏡下手術、開腹手術、さらには術後の補助化学療法や再発時の抗癌剤治療、終末期緩和医療まで対応可能であり、1対1の信頼関係を維持し続けられるという点です。

肺癌は症状が出現したときには進行していることが多く、進行癌で見つかることが多々あります。当院でも初発でStageIII~IV期の進行癌の患者が多く、そのような患者は呼吸器科で化学療法、放射線療法を行いますが、高齢患者も多く緩和療法のみの場合も少なくありません。

乳癌は早期で発見・治療を行えば高い確率で完治が期待できる癌です。当科では3名の乳腺専門医が診断と治療にあたっており、乳癌の早期発見と治療成績の向上に努めています。

 この分野の厚生省指定データで注意すべきポイントは、分類「不明」の部分で、退院までに病理診断が確定していない場合は、退院後に癌のステージが決まっていても、入院中の診断は「不明」として登録する規約になっていることです。術前の検査入院や、内視鏡治療後のごく短期の入院などがこれに当てはまり、すべて「不明」として登録されます。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 19 9.4 57.2
重症度 1 51 23.5 80.0
重症度 2 30 13.7 83.0
重症度 3 11 14.6 81.4
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
日本呼吸器学会の成人市中肺炎診療ガイドラインではDPC分類重症度0の患者を軽症、1-2の患者を中等症、3の患者を重症、4-5の患者を超重症と分類して治療の場を定めており、当院もそれに則して情報提示を行っています。
軽症患者の平均年齢は57.2歳であるのに比して中等症・重症では平均年齢が80歳を越えており、高齢者のほうが重症化しやすいです。通常は重症度が高くなるほど平均在院日数が長期化しますが、当院ではむしろ中等症のほうが平均在院日数が長い傾向にあります。これは高齢者では、肺炎の程度が軽くても入院によりADLの低下、廃用をきたしやすく、その結果入院が長期化するためと思われます。当院では三次救急患者を受け入れておらず、そのため超重症が0名となっております。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 6.0 61.8 0.0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 77 44.9 76.7 9.1
その他 27 24.1 73.1 7.4
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 14 9.5 72.6 0.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
一過性脳虚血発作(TIA)は稀(全脳梗塞の4%程度)ながら、大発作の前触れとして重要で、現在では原則として入院し、原因の精査を実施しています。
その後、それぞれの原因に適した治療法を選択し、その後の大発作予防のためのリスクの軽減を図っています。
脳梗塞は発症4.5時間以内なら、t-PAによる血栓溶解療法が可能となり、必要ならそれに引き続き血栓回収術も可能となってきました。
当院では急性期の症例の受け入れを積極的に実施しており、これら超急性期の治療のみならず、リハビリテーションを早期に開始して、良好な成績を得ています。
地域医療の中核疾患として、今後とも拡充していきたいと考えます。
内頚動脈狭窄症は食事の欧米化に伴い、本邦においても増加しつつある疾患で、一過性脳虚血発作や軽い脳梗塞の既往のある症例、すなわち症候性の狭窄症については、積極的に血管内治療である、ステント留置術を実施して良好な成績を得ています。なおこの治療法は通常、慢性期に行われます。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 45 3.7 55.2 4.00 81.8  
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 24 4.6 18.7 0.00 50.1  
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 21 4.5 49.7 1.00 76.5  
手術症例としては1,2番目とも骨折に対する観血的整復固定術が占めていて、特に高齢者の骨粗鬆症をベースとした大腿骨近位部(頚部および転子部)骨折、前腕(特に手関節部)の骨折が多く、現代の高齢化社会を反映していると思われます。3番目としては変性疾患である変形性関節症による疼痛、歩行困難な症例に対して人工関節置換術(主に当院では膝関節)を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -  
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 - - - - -  
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む。) - - - - -  
平成27年10月より形成外科が常勤となり、入院手術数が徐々に増加してきています。当院形成外科を受診される方の中では乳房再建および皮膚・皮下腫瘍が多くなっております。乳房再建について、一次再建のエキスパンダー挿入術は形成外科で行いますが、乳腺外科入院であるため本データには表れていません。一次二期再建のインプラントによる再建は、クリニカルパスに従って入院治療を行っています。皮膚・皮下腫瘍・軟部腫瘍の大きなものに関しては、全身麻酔下に手術を行っており、局所麻酔下での手術の場合も、大きさによっては1泊2日で入院治療を行うことがあります。三番目の眼窩骨折についてですが、形成外科では顔面外傷を扱っており、鼻骨骨折や頬骨骨折、下顎骨骨折等で手術が必要な場合は入院となります。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1742 水頭症手術 シャント手術 71 4.7 18.1 2.0 77.9  
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 0.6 32.9 0.0 80.8  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 13 4.2 37.7 0.0 63.2  
水頭症のうち、特発性正常圧水頭症(iNPH)は、高齢者の増加とともに増え、手術効果を前もって判定するための検査が必要となります。
腰椎穿刺で髄液を30mLほど抜き、症状改善の有無を確認します。(tap test)。これで効果があれば手術適応となり、髄液腹腔短絡術を実施します。
当院では殆どの症例に、脳の穿刺の不要な腰椎腹腔シャント術を実施し良好な手術成績を得ています。
手術件数は全国トップクラスで、多くは2週間程度の入院期間で退院します。
慢性硬膜下血腫は、高齢者が(軽微な)頭部打撲を受けた後、数週間後に発症するもので、高齢者の増加とともに増えている疾患です。
治療は局所麻酔下、頭蓋骨に小さな穴を開け(穿孔術)、血腫内容を洗浄するもので、高齢者にも安全性の高い手術です。
(なお通常、術後1週間から10日ほどで退院するが、表で術後日数が32.9日となっているのは13例中、2例において既存疾患により長期入院となったためであります。)
頭蓋内腫瘍摘出術は、癌脳転移を含む悪性腫瘍のほか、髄膜腫や聴神経腫瘍などの良性腫瘍も適応となりますただし、最近はMRI等の普及により、早急には手術を必要としない小さな腫瘍も多く見つかるようになり、これらに対しては、経過観察が第一選択となります。また、γナイフなど代替治療法も確立されてきており、各症例毎に最適な治療法を選択することが重要である。なお当院では以前から耳鼻科の協力を得て、聴神経腫瘍の治療に積極的に取り組んでいます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 166 0.1 2.3 0.0 76.2  
K270 虹彩光凝固術 - - - - -  
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの - - - - -  
眼科の入院下での手術はほぼすべてが白内障に対する水晶体再建術です。基礎疾患の有無や介護度などに応じ1泊から3泊の入院で行っています。
虹彩光凝固術は緑内障発作に対する治療例で、内科疾患もあるために入院加療となったものです(同手術は通常は外来通院で行っています)。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 31 1.0 7.7 0.0 52.4  
K347 鼻中隔矯正術 14 0.9 7.9 0.0 37.5  
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 11 0.6 7.0 0.0 40.5  
当院で手術となる疾患で特に多いのは、内視鏡下鼻副鼻腔手術や鼻中隔弯曲矯正術などの疾患で、頭頸部良性腫瘍に対する手術も審美性を高めるように工夫して行っています。
鼻副鼻腔疾患に対する手術は、日本で最初に内視鏡下鼻内手術を開発した東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室の術式に準じ、ハイビジョン内視鏡やマイクロデブリッター、レーザー装置など十分な医療機器を揃え、高度な医療を提供する体制を整えています。
豊富な臨床経験を持つ耳鼻咽喉科医師2名が常勤しています。地域病院としての役割を果たすと共に、手術診療でも高いレベルの医療を提供し、都内、近県からも多くの患者様のご紹介と信頼を頂戴しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 36 1.8 6.7 0.0 71.7  
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 19 2.9 11.1 0.0 71.7  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 18 3.7 19.6 0.0 77.8  
当院で最も多い手術は膀胱癌に対する内視鏡的切除術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)で、尿道から硬性鏡を挿入し生理食塩水を潅流液として用い腫瘍を切除します。
2番目に多い手術は前立腺肥大症に伴う排尿障害に対し尿道から内視鏡を挿入し肥大した前立腺を切除する手術で、排尿状態を改善することによりQOLを向上させることを目標としています。
3番目に多い経尿道的尿管ステント留置術は尿管結石により尿管を閉塞し、さらに腎盂腎炎を併発した場合や腎機能低下を来した場合などに内視鏡を尿道より挿入し尿管ステントを留置することにより腎盂内の尿を膀胱へドレナージし病態を改善させます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 47 2.1 12.0 0.0 71.8  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -  
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -  
循環器科での手術は虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈形成術と経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。心臓カテーテル治療とは、手首や肘、足の付け根の血管から、心臓までカテーテルと呼ばれる長いストローのような管を通して、狭窄のある部位を拡張する治療を行います。急性心筋梗塞や不安定狭心症の場合は来院してすぐに行いますが、一般的には、前日に入院して、2日目に治療を行い4日目に退院となります。急性心筋梗塞や心不全を合併している場合は、リハビリテーションや内服調整のために、入院期間が延長する場合があります。ペースメーカー移植術の入院期間は10日間がほとんどですが、今回は一人が、大腿骨頸部骨折の治療、歩行リハビリテーションのため、長期入院となりました。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 22 5.0 19.6 0.0 69.0  
K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  
腎臓内科では、透析のブラッドアクセスに必要な内シャント設置術のほか、自己血管を使用したシャント造設が難しい場合には、人工血管を用いた手術を行っています。また、シャントが狭窄ないし閉塞した場合には、経皮的シャント拡張術や血栓除去術を行います。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 181 0.1 2.5 0.0 65.9  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 4.1 20.2 1.0 83.0  
K6152 血管塞栓術(腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 17 1.7 13.2 0.0 71.4  
消化器科で最も多い手術は大腸ポリープの切除です。消化器外科でも行っていますし、2cm以上の大きなポリープの切除もしていますので、病院全体としての、大腸ポリープ治療の件数はさらに多くなっています。内視鏡的胆道ステント留置術は胆管炎の治療が急を要するときに行うもので、内視鏡で見ながら胆管に細い管を入れて胆管の詰まりをとるものです。どちらも、地域の診療所の先生方からご紹介いただいて行うことの多い処置になります。なお、ここでは手術として扱われますが、内科ですので全身麻酔ではありません。また、肝炎の患者さんを多く拝見していますので、必然的に肝臓がんの治療を行うことが多くなります。血管塞栓術はその一環です。この他にも、消化管の早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術や内視鏡的消化管止血術など、種々の手技を駆使して、日々の治療を行なっています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 59 0.8 4.9 0.0 67.9  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 44 1.6 6.7 0.0 58.1  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 37 0.3 2.2 0.0 66.7  
消化器一般外科の手術入院数カウントになります。ヘルニアや胆嚢摘出は1疾患1手術ですので、ダイレクトに手術数が入院数となり上位を占めています。癌診療連携病院として力を入れている胃癌や大腸癌は、部位別・術式別に別疾患として入院数がバラバラにカウントされるため、総数が多くても上位に表れていません。
また、内視鏡的ポリープ切除数の解釈にも注意が必要です。切除後入院せず帰宅した場合が含まれませんし、一泊入院のごく短期入院は、包括診療対象入院とならないため、これもカウントされません。当院での平成27年年間大腸内視鏡数は2200件を超えており、非常に珍しいことですが、そのうち1100件ほどを消化器一般外科が担当しています。消化器一般外科でポリープや癌を内視鏡的に切除したのは215件、このうち37件の包括対象入院だけが、厚労省のデータとして登録されています。
乳腺科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 75 1.3 5.1 0.0 53.9  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 51 1.6 9.6 0.0 57.0  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 30 1.5 10.9 0.0 56.2  
乳癌症例の術前には、がんの広がり、転移チェックを厳密に行い、リンパ節郭清をできるだけ省略する努力をしています。その結果、センチネルリンパ生検にて転移が発見される確立が低く、結果として腋窩郭清なしの症例が多くなっています。将来的にはセンチネルリンパ生検も省略可能となる様な術前診断精度の向上を目指し鋭意努力しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 41 0.97
異なる 19 0.45
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 37 0.88
異なる - -
 上記の表は全体症例数4,211件のうち、各項目の症例数(患者数)の率(発症率)を示したものです。
 入院契機が「同一」とは入院した時にDIC・敗血症等の診断がされている状態であり、「異なる」とは入院時は別疾患の診断でしたが、入院中にDIC・敗血症等をおこして入院時の疾患よりもDIC・敗血症等の治療に係る時間を費やした場合でございます。
 播種性血管内凝固症候群では、「異なる」の大部分が入院時に敗血症の診断をされていて、その合併症として播種性血管内凝固症候群に至った症例です。
 敗血症については、「同一」が41件で「異なる」が19件となっておりますが、こちらも「異なる」の多くが様々な疾患が原因で全身状態が悪化し、合併症として敗血症性ショックに至ってしまった症例です。
 手術・処置等の合併症については、大部分が「同一」となっております。これは合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということです。
 院内では手術・処置等を施行する際に合併症を起こさないように細心の注意を払っておりますが、どうしても一定の確率で起こり得る事があります。起こり得る合併症については、施行前に患者さんに出来る限り説明を行って同意をいただくようにしております。
(10症例未満の場合、-(ハイフン)で表示してあります。)

【播種性血管内凝固症候群(DIC)とは】
 様々な基礎疾患に合併して凝固系が亢進し、全身の細小血管内に微小血栓が多発して臓器障害が起こる病態。これに伴って凝固因子、血小板が大量に消費されて減少し、また線溶系も亢進するため出血症状をきたす。原因となる基礎疾患には悪性腫瘍、敗血症が多い。
[引用元:医療情報科学研究所 メディックメディア 病気がみえる Vol.5 血液]

【敗血症とは】
 細菌の感染によってひき起こされる全身性炎症反応(SIRS)
[引用元:医療情報科学研究所 メディックメディア 病気がみえる Vol.5 血液]
更新履歴
2016.9.30
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。