初期臨床研修プログラム

研修内容 一年次
<必須>
 内科系  6ヶ月:内科系診療科より3科を選択する。
 外科系  2ヶ月:外科系診療科(麻酔科以外)より1科を選択する。
 麻酔科  2ヶ月:
 救急部門 1ヶ月:
<選択>
 麻酔/自由選択1ヶ月:麻酔科をさらに1ヶ月か、それまで選択していない診療科を研修する。また必須で選択した内科系や外科系診療科を1ヶ月延長して計3ヶ月にすることも可能である。
<救急について>
 平日時間内は各科当番(内科系は内科急患当番として交代制)にて診療する。時間外は内科系、外科系、ICUの日当直体制(脳神経救急は特定日)である。
 当院には独立した救急科がないが、救急指導医が在籍しており、一年次4月の1ヶ月をまとまった救急研修とし、心肺蘇生術研修(シュミレーションラボを含む)、日中の内科救急当番、日当直を行う。また、その後も、平日時間内の救急当番と時間外の日当直を行なう。年間を通じて救急当番(週2回、12ヶ月、計96回)、日当直(月4回、12ヶ月、計48回)を行うことで3ヶ月の研修とする。

(例)
一年次研修内容


二年次
<必修>
 地域医療1ヶ月、小児科1ヶ月、産婦人科1ヶ月、精神科1ヶ月
 のこり(8ヶ月)は1年次に研修を行わなかった診療科(1診療科2ヶ月以上 要調整)より選択する。
 2年間を通じて、院外研修の時期を除き、救急当番、日当直を行う。

(例)
二年次研修内容

プログラム詳細 平成28年度東京共済病院初期臨床研修プログラム(PDFファイル)